iPhone6s発売!動画制作についてチェックすべき点はココ。

 

いよいよiPhone6sが発売されましたね。

 

 

今回のように6⇒6sという変更は、
マイナーチェンジということになりますが、

 

 

実は、5⇒6といったフルモデルチェンジの時よりも、
技術的に向上することが多いのです。

 

 

で、今回もいろいろなバージョンアップがありました。

 

 

中でもこのメルマガをお読みの方々が
注目すべきなのは、


 

・圧力を感知する「3D Touch」

・「動く写真」を実現する「Live Photos」機能

・全面カメラ500万画素、背面1200万画素、4K動画

 

でしょう。

 


 

・圧力を感知する「3D Touch」

 

 

タップの際に、押し込む力を感知出来るようになりました。
つまり、タップに2段階の操作が組込まれたということです。

 

 

例えば、撮った写真を見る時、

 

 

軽く押して、画像を確認し、
さらに強く押して、編集する。

 

 

といった、操作が考えられます。

 

 

 

 

・「動く写真」を実現する「Live Photos」機能

 

 

この機能は、撮った写真の前後の
動画と音声も録画する、というもの。

 

 

あたかも従来、静止画と考えられてきた
写真が、動き出すということになります。

 

 

ただ、テクノロジー的には、スゴイと思いますが、
現実的に「いつ使うんだ?」「それなら最初から動画で良い」
という思いが湧いてくるんですが・・・

 

 

まぁ、実際使ってみてから、、、の話ですね、これは。

 

 

 

 

・前面カメラ500万画素、背面1200万画素、4K動画

 

 

動画を扱う私にとって、ここはとても重要です。
特に、前面カメラが120万画素⇒500万画素になったのは、
とても大きな意味合いを持ちます。
(正直なところはもっと解像度を上げてほしいけど・・・)

 

 

自撮りって流行ってますが、
動画コンテンツを作る時も、

 

 

前面カメラで撮影する方が、
断然、楽だからです。

 

 

今までは、独りで撮影する時、
三脚にiPhoneを設置し、
背面カメラで撮影、となると、

 

 

いちいちアングルが正しいかどうかを
自分で確かめに何度も行きながら、
撮影していましたが、

 

 

前面カメラの解像度が向上することで、
自分が写った状態をモニタリングしながら、
動画を撮影することが出来るようになります。

 

 

これは三脚の場合もそうですが、
独りで現場リポートに行った時も大変役に立ちます

 

 

それから、4K対応になった、という点ですが。
これは一長一短だと考えています。

 

 

現在、動画の主流はフルハイビジョン(HD)です。
解像度で言うと、1920×1080ということになります。

 

 

そのフルハイビジョンの縦横2倍が「4K」です。
こちらの解像度は3840×2160となります。

 

 

話はそれますが、この4K規格、たしか、
テレビの世界でも2011年12月に東芝が
「REGZA」を出したのが、
初めだと記憶していますが、

 

 

それから、3年あまり経ちますが、
まだテレビの世界でも普及しているとは
言い難い状況にも関わらず、
アップル社はiPhoneという手のひらサイズに
4Kを放り込んできました><
スゴイですね。

 

 

しかし、この4K、解像度を見ていただいて
何となく理解いただけると思いますが、
とにかくデータが大きくなります。

 

 

もちろん、iPhoneは、4Kを前提とした
チューニングをして開発しているとは思います。

 

 

ですが、一方、iPhoneで撮った動画を
他のデバイス、主にPCとなると思いますが、
ほとんどのPCで4Kの動画を扱える仕様に
なっていないと想定されます。

 

 

ですので、編集作業などが思うように進まないことが
想定されるのですが、この事が、せっかく動画に
チャレンジして、撮影⇒PCへの取り込みまでして、
「さぁ、編集!」となった段階で、
PCがフリーズ・・・なんてことも十分に考えられます。

 

 

また、動画編集ソフトが、4Kに対応していないケース
多々あると思います。

 

 

動画を中小企業に普及させたい私としては、
これは結構ネックになるような予感。。。

 

 

(さらに余談ですが、撮った写真をメッセージアプリなどで送る際、
データが大きすぎて送れない・・・ということも考えられます。)

 

 

対応策としては、
当面は、iPhone6sで撮った動画はiPhoneでiMovieという
アプリを使って編集した方がよさそうです。

 

 

それでも、やはり新しいテクノロジーをふんだんに搭載した
iPhoneを持ってみたい!と思うのは私だけではないはず。

 

 

iPhoneの発売はすでに始まっています。
興味関心のある方はぜひどうぞ。

 

iphone6s

 

 

元AKB前田さんの感動ムービーはあなたも作れます。

前回のブログ記事で、以下の話をしましたね。

-----------------------------

見てもらえる動画の4原則。
1.稼ぎに直結するか?

2.学びになるか?

3.笑えるか?

4.感動するか?

-----------------------------

もし、あなたが何かを売っている会社だとしたら、
上記の4原則にうまくあなたの会社の商品を
絡ませることが重要になります。

 

 

でも、あなたは実際どんな動画を作ればいいか、
わからないかもしれませんね。

 

 

そこで、1つ動画を紹介します。

 

 

「うるおいは心にも届く」
↓↓↓

 

 

元AKB48の前田敦子さんが主演する
WEB限定ショートムービーですが、

 

 

このCMに感動しませんでしたか?
私はウルっときましたね^^

 

 

で、そのウルっときた最高のタイミング
商品「極潤」が登場~♪

 

 

思わず、「これ、ほしい!」と思いましたね。

正にマーケティング動画の王道を行く動画です。

 

 

でもあなたは、

 

「これはプロが撮ったCMなんだから、マネ出来ないよ」

 

なんて思っていませんでしょうか。

 

 

私から見ると、同じような動画は素人でも作れると思います。
ポイントは「シナリオ」と「アフレコ」です。

 

 

ここがしっかりしていると、
同じような感動を起こす動画を作ることが可能です。

 

 

もし、「シナリオ」作りが苦手なら、
まずはこの動画をまねて作ってみましょう。

 

 

この動画のシナリオを分別すると、
1.母を忘れる日常

2.現実と理想のギャップ

3.母のありがたさ

4.再発進(⇒商品紹介^^)

となります。

 

 

実は難しそうに見える、このシナリオは、
映画、ドラマ、小説、漫画など様々な分野で利用されている
王道中の王道シナリオなんです。

 

 

そのことに気付き、活用出来るようになれば、
たくさんの感動動画を作れるようになります。

 

 

とはいえ、自分のオリジナルシナリオを作るのは
いきなりは難しいですから、

 

 

まずは、「真似てみる」ということが重要なんですね。

 

 

動画作りにとても重要な話をしましたので、
しっかりと学んでみてくださいね。

 

 

 

iPhone動画作成セミナー【体験会】を開催します(4月4日(金))

「YouTube動画を使って集客したい!」

 

でも、動画って難しそう、編集なんて出来ないし・・・

 

そんなあなたの悩みを一発で解決する

iPhone動画作成セミナー【ミニ体験会】

 

まずは、どんな動画が出来るのか?をご覧ください。

続きを読む…

1 / 3123
 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー
 

ページの先頭へ