iPhone6s発売!動画制作についてチェックすべき点はココ。

 

いよいよiPhone6sが発売されましたね。

 

 

今回のように6⇒6sという変更は、
マイナーチェンジということになりますが、

 

 

実は、5⇒6といったフルモデルチェンジの時よりも、
技術的に向上することが多いのです。

 

 

で、今回もいろいろなバージョンアップがありました。

 

 

中でもこのメルマガをお読みの方々が
注目すべきなのは、


 

・圧力を感知する「3D Touch」

・「動く写真」を実現する「Live Photos」機能

・全面カメラ500万画素、背面1200万画素、4K動画

 

でしょう。

 


 

・圧力を感知する「3D Touch」

 

 

タップの際に、押し込む力を感知出来るようになりました。
つまり、タップに2段階の操作が組込まれたということです。

 

 

例えば、撮った写真を見る時、

 

 

軽く押して、画像を確認し、
さらに強く押して、編集する。

 

 

といった、操作が考えられます。

 

 

 

 

・「動く写真」を実現する「Live Photos」機能

 

 

この機能は、撮った写真の前後の
動画と音声も録画する、というもの。

 

 

あたかも従来、静止画と考えられてきた
写真が、動き出すということになります。

 

 

ただ、テクノロジー的には、スゴイと思いますが、
現実的に「いつ使うんだ?」「それなら最初から動画で良い」
という思いが湧いてくるんですが・・・

 

 

まぁ、実際使ってみてから、、、の話ですね、これは。

 

 

 

 

・前面カメラ500万画素、背面1200万画素、4K動画

 

 

動画を扱う私にとって、ここはとても重要です。
特に、前面カメラが120万画素⇒500万画素になったのは、
とても大きな意味合いを持ちます。
(正直なところはもっと解像度を上げてほしいけど・・・)

 

 

自撮りって流行ってますが、
動画コンテンツを作る時も、

 

 

前面カメラで撮影する方が、
断然、楽だからです。

 

 

今までは、独りで撮影する時、
三脚にiPhoneを設置し、
背面カメラで撮影、となると、

 

 

いちいちアングルが正しいかどうかを
自分で確かめに何度も行きながら、
撮影していましたが、

 

 

前面カメラの解像度が向上することで、
自分が写った状態をモニタリングしながら、
動画を撮影することが出来るようになります。

 

 

これは三脚の場合もそうですが、
独りで現場リポートに行った時も大変役に立ちます

 

 

それから、4K対応になった、という点ですが。
これは一長一短だと考えています。

 

 

現在、動画の主流はフルハイビジョン(HD)です。
解像度で言うと、1920×1080ということになります。

 

 

そのフルハイビジョンの縦横2倍が「4K」です。
こちらの解像度は3840×2160となります。

 

 

話はそれますが、この4K規格、たしか、
テレビの世界でも2011年12月に東芝が
「REGZA」を出したのが、
初めだと記憶していますが、

 

 

それから、3年あまり経ちますが、
まだテレビの世界でも普及しているとは
言い難い状況にも関わらず、
アップル社はiPhoneという手のひらサイズに
4Kを放り込んできました><
スゴイですね。

 

 

しかし、この4K、解像度を見ていただいて
何となく理解いただけると思いますが、
とにかくデータが大きくなります。

 

 

もちろん、iPhoneは、4Kを前提とした
チューニングをして開発しているとは思います。

 

 

ですが、一方、iPhoneで撮った動画を
他のデバイス、主にPCとなると思いますが、
ほとんどのPCで4Kの動画を扱える仕様に
なっていないと想定されます。

 

 

ですので、編集作業などが思うように進まないことが
想定されるのですが、この事が、せっかく動画に
チャレンジして、撮影⇒PCへの取り込みまでして、
「さぁ、編集!」となった段階で、
PCがフリーズ・・・なんてことも十分に考えられます。

 

 

また、動画編集ソフトが、4Kに対応していないケース
多々あると思います。

 

 

動画を中小企業に普及させたい私としては、
これは結構ネックになるような予感。。。

 

 

(さらに余談ですが、撮った写真をメッセージアプリなどで送る際、
データが大きすぎて送れない・・・ということも考えられます。)

 

 

対応策としては、
当面は、iPhone6sで撮った動画はiPhoneでiMovieという
アプリを使って編集した方がよさそうです。

 

 

それでも、やはり新しいテクノロジーをふんだんに搭載した
iPhoneを持ってみたい!と思うのは私だけではないはず。

 

 

iPhoneの発売はすでに始まっています。
興味関心のある方はぜひどうぞ。

 

iphone6s

 

 

iMovieがダウンロード出来ない!iOS8との関係とは?

去る11月23日(日)に、吹田市が共催する「まなぶひ」というイベントに

ご招待いただき、「iPhone動画作成セミナー」を開催させていただきました。

 

「まなぶひ~本気で遊ぶ・本気で学ぶ~」

 

テーマは、「iPhoneで撮り溜めた動画や写真を使って動画を作る」と

いうものだったのですが、参加者の要望を聞いていると、

どうも「ビジネスに動画を利用したい!」というものが多かったので、

急遽、ビジネスネタに変更してセミナーを行いました。

 

 

やっぱり、動画はビジネスに利用したい、という人が多いことを

改めて実感しました。

 

 

さて、今回お伝えしたいのはセミナーの話ではありません。

ここでお伝えしたいのは、「iMovie」というアプリの話です。

 

 

私がいつもiPhone動画セミナーを開催する時は、

必ず、この「iMovie」というアプリを使います。

 

 

このアプリはApple社が開発・提供しているアプリで、

これが本当に優秀なんです。しかも無料(iPhone5C,5S以降)。

 

 

あまりに優秀すぎて、未だ他の動画編集アプリがついて来れないレベルです。

そのため、アンドロイド携帯をお持ちの方からも、動画作成セミナーを

してほしい、と言われるのですが、肝心かなめのアプリで、

優秀なものがアンドロイドではダウンロード出来ないんですね。

 

 

話はセミナーに戻して・・・

当日はいつも通り、セミナー前に告知し、事前にiMovieを

ダウンロードしてもらっていたはずなのですが、、、

今回、実はちょっとしたハプニングが・・・汗。

それは何かというと・・・

 

 

いつもはアプリをダウンロードすれば良いだけだったのですが、

(これも忘れてくる人も多いですが・・・^^;)

今回は直近でiOS8が公開されており、iMovieをダウンロードするには、

このiOSを7→8にバージョンアップされていないといけなかったのです!

 

 

ただでさえ、iMovieだけでも結構ダウンロードに時間がかかるのに、

iOSのバージョンアップはさらに時間がかかる・・・・

 

 

そのおかげで、セミナー中にiPhoneを操作できない人も出てきて、

申し訳ないことをしてしまいました。

 

 

なのでもし、あなたもiPhoneで動画を作ろうと考えておられるならば、

今すぐ、iOSのバージョンアップとiMovieのダウンロードをされることを

おすすめします。

 

 

いざ、やってみよう!と思った時にすぐ出来ないと、

その時点で、「あー、また次の機会にしよう・・・」となってしまうからです。

それでは、いつまで経っても動画作成に取り組めないので、

今すぐ!お願いしますね。

 

 

あ、ちなみにiOSは大きなデータなので、iPhoneの残り容量が少ないと

バージョンアップ出来ませんので、そこも注意してください。

 

 

 

 

iPhoneで動画を作るセミナーを開催しました【参加者の動画有】

 

 

 

先日、「iPhoneだけでお客様にスゴイ!と言われる動画を作ろう」セミナーを開催しました。

 

 

 

中には、動画を作ったことがある方もいらっしゃるかと思いましたが、

セミナーにお越しになったのは、動画はおろか、

iPhoneもほとんど使いこなせてない方もいたくらい・・・

 

 

 

最初は少し、想定外だったので焦りましたが、

でも、絶対に動画を作って帰ってほしいので、がんばりましたよ!

その甲斐もあって、全員が1本動画を作成し、お帰りになられました。

 

 

 

動画が完成していくにつれ、

 

「わぉ!」

 

「すごい~」

 

「おおお~」

 

「笑。」

 

といったリアクションを見せながら、動画を完成させていました 笑。

 

 

 

動画って、何となく、

 

 

「難しいのかな?」

 

「手間がかかりそう」

 

 

というイメージが有るかと思いますが、

それをすべて打ち崩すセミナーにしましたので、

皆さんのリアクションも当然です。笑。

 

 

 

で、大切なことが、この「1本動画を自分で作った」ということなんです。

 

 

 

動画って、1本作れたら、何本でも作れるんですよ。

そのためのコツもしっかり伝授しておきました。

 

 

 

そして、1本作れば「自信」になる。

「自信」が出来れば、行動出来る、んですよね。

 

 

 

以下、皆さんからいただいたコメントです。

 

 

・完璧!最高

・とても良かったです!

・地下鉄でも作れるので時間を効率化出来ます!

・楽しかった。さっそくアカウント取ります!

・具体的で分かり易かった

・いや、ホントに良かったです!

 

 

 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

 

そして、嬉しいことにセミナー後、

早速、動画を作成して、送ってきてくれました。

↓↓↓

 

 ↑↑↑ セミナー前の動画より、かなり良くなりました!

 

 ↑↑↑ 翻訳までしてる!!!

 

 ↑↑↑ 台湾の動画です。現場の様子に興味が湧きますね。

 

 

 

まだまだ、スキル的には荒削りな動画ですが(^^;)、これでいいんです。

この時点で、「まだ良い動画が作れてないから・・・」と尻込みされる方がいらっしゃいますが、

私たちは、映像のプロを目指すわけではありません

 

 

 

知りたい人に知りたいこと

伝えたい人に伝えたいこと

 

 

 

を伝達するために動画を作るのです。

だから、まず「やってみること」がとても重要です。

 

 

 

他のシーン(例えばビジネス)でも、

 

「考える前にやってみる」

 

ということは、よく言われておりますが、

 

 

 

動画は特にそのことが当てはまります。

とにかく、

 

 

・早く始めて

 

・早く慣れる

 

 

ことで、ドンドン動画作成スキルはUPしていきます。

もっと動画制作を楽しみましょう!

 

 

 

まだ、始めていない人は、始めた人に一気に離されてます。

動画に関心のある方は、お早めに^^

 

 

 

 

 

YouTube動画で小さな会社が売上を10倍にするノウハウを無料で受け取ってください。

YouTube動画コンサルタント(大阪)がお届けするマーケティングノウハウ

 

 

 

1 / 3123
 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー
 

ページの先頭へ