このブログはYouTube動画を使った集客のための動画活用ノウハウを無料公開しています。

あなたはホームページやブログからの集客や販売で悩んでいませんか?「お客様をどうやって集めたらいいのかわからない」「商品には自信があるのに売り上げが上がらない」等々、集客の悩みはビジネスをしている方にとって永遠のテーマですよね。しかし!それが永遠ではなくなるかもしれません!明日からお客様が「欲しくて仕方がない」と言ってあなたのお店や会社に押し寄せたら・・・。そんな集客を実現出来るのが、3M(3分間=3Minutes)動画マーケティングです。3M動画マーケティングでは、その名の通り、3分間動画という「魔法」のツールを使うと、自然に優良見込客が集まり、あなたのお店や会社の売り上げを劇的に増やす動画を活用したマーケティング手法です。小さな会社でも日本一を目指すことは無理な話ではありません。このブログではその理論や実践方法など無料で公開していますので、ぜひじっくりと学んでみてください。

まぐまぐのメルマガ登録はこちらから

無料レポートをダウンロードしていただけます

【失敗しない動画制作~5つのポイント】

【初心者向け】インターネットビジネスの世界では、 動画活用は無視できない時代になりました。しかし、「動画」と「ネットマーケティング」の両方に精通したプロは数えるほどしかいません。動画配信サービス事業を行い、数多くの動画を制作してきた私が、動画制作に必要な5つのポイントをまとめました。これを知ってから始めるだけで、動画制作スキル向上が格段に早まります。

【初心者向け】失敗しない動画制作~5つのポイント

YouTube動画を活用するべき理由~”Leanback”TVとの融合する近未来

 

 

YouTubeは日々進化しています。

数々の進化の中でもGoogle社と言わしめる驚くべきことが多々あります。

 

 

 

その進化の一つが、テレビ(TV)との融合。

YouTubeが「Leanback」というサービスを展開していることをご存知でしょうか。

 

 

 

簡単に言うと、「YouTubeをテレビで見れるようにする」ということですが、

このLeanbackは2010年にリリースされ、

度々仕様変更されながら、いよいよ表舞台に出ようとしているサービスです。

 

 

 

最新の仕様として、最も特徴的なのが、

テレビのYouTubeをキーボードなしでスマホで操作する

という仕様ではないでしょうか。

 

 

 

いくら文章で説明してもイメージが湧かないと思いますので、

実際操作をしてみた様子を動画にしてみました。(←こういう動画の使い方が王道ですね)

↓↓↓

 

 

 

 

そして、日本のテレビも続々と対応機種を発売しています。

Leanback対応機種例(クリック出来ます)

↓↓↓

 

 

 

大切なことは、YouTubeがサービスを提供し、

テレビが対応機種を発売している、ということから、

 

 

 

すでに、家庭のテレビでYouTube動画を視聴している人がいる、ということ。

ということは、あなたもマーケティングには動画を無視できなくなってきている

ということが言えるのではないでしょうか。

 

 

 

こういった流れはドンドン進みますし、最近のテレビは面白くないので、

今後はテレビでYouTubeを見る人も増えるでしょう。

 

 

 

ライバルが先に対応しているかもしれませんよ。

お早めに。

 

 

 

 

YouTube動画を徹底活用し、小さな会社が売上を伸ばす方法を公開しています。

YouTube動画で小さな会社が日本一になるノウハウを無料でゲット!

 

 

 

 

「動画なんて・・・」と横目に見ているあなたへ

 

 

 

「動画なんてホントに効果あるの?」

「以前、動画を作ってみたが効果なかった」

 

 

 

というあなたへ。

 

 

 

確かに、少し前は動画の効果は、それほどありませんでした。

でも、それには明確な理由があったことはご存知ですよね?

その理由とは・・・

 

 

 

1.動画を配信するサービスが充実していなかった

2.動画を見る習慣がなかった

3.動画を作るには高額なコストが必要だった

4.動画を作るノウハウがなかった

 

 

 

この4つです。

しかし、この1.~3.まではここにきて、

劇的に環境が変化しています。

 

 

 

1.動画を配信するサービスが充実していなかった

⇒YouTubeやニコニコ動画など動画配信サービスが充実してきた

⇒インターネットの回線が高速化した

 

 

2.動画を見る習慣がなかった

⇒動画がスムーズに動くようになってきた

⇒SNSの普及で、動画が拡散されることが増えてきた

⇒スマートフォンの普及で、手軽に見れるようになってきた

 

 

3.動画を作るには高額なコストが必要だった

⇒動画制作会社に頼まなくても、自分で作れるようになった

⇒製作コストが100万円→0円に

⇒撮影機材が格安になってきた

 

 

 

という環境の変化が具体的に

しかも同時に進行しています。

 

 

 

このことは、産業革命に近い、と私は思っているくらい、

劇的な変化です。

 

 

 

ただ、最後の4つ目、

 

 

4.動画を作るノウハウがなかった

 

 

については、まだ充実していないのです。

そこで、私のようなコンサルタントが普及に努めているわけです。

 

 

 

しかし、ノウハウ自体をあなたや多くの人が知らないだけで、

難しいものではありません

 

 

 

今後、インターネット上のトラフィック(データ流通量)は、

90%以上が動画になる、というデータもあるくらい、

動画が主流になる時代が来ます。

 

 

 

今、あなたは迷っているかもしれません、

動画をやるか?やらないか?

 

 

 

しかし、すでに時代はやるか?やらないか?ではなく、

 

「いつやるか?」

 

の時代に入っています。

 

 

 

例えるならば、携帯電話がガラケー⇒スマートフォンに

急速に変わっていったのと同じことです。

あなたがいくら「変わりたくない!」と踏ん張っても時代は変わっていくのです。

 

 

今後は「やらない」という選択肢はドンドン狭くなってきますので、

どうせやるなら、今すぐ始められることをお勧めします。

 

 

 

他社も二の足踏んでますので、

今なら、圧倒的に他社との差別化を図ることが出来ます。

 

 

 

お早目の決断を。

 

 

 

 

 

 

YouTube動画を徹底活用し、小さな会社が売上を伸ばす方法を公開しています。

YouTube動画で小さな会社が日本一になるノウハウを無料でゲット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTube動画とビットレートの考え方

 

 

 

YouTubeは、低画質(ビットレート)から高画質まで様々な動画に対応しています。

動画制作する側としては大変便利なのですが、

逆に考えると、「では、どのくらいの画質(ビットレート)が最適なの?」という

疑問が湧くと思います。

 

 

 

まず、YouTubeが推奨しているビットレートは以下の通りです。

↓↓↓

 

下段のクリエーター向けはとりあえず無視していただいて、

上段の標準画質のアップロードをご参照ください。

 

 

 

タイプ1080Pがいわゆるハイビジョン(HD)レベルですが、

ビットレートを大きくすれば、

 

 

・ファイルサイズが大きくなる

・アップロードに時間がかかる

 

 

ということで、弊害もあります。

ビットレートについての基礎はこちら

 

 

 

そこで、「最適なビットレートは?」ということになるのですが、

実はYouTubeでは、いくら大きなビットレートの動画を上げても、

6000kbps程度に自動的に修正しているようです。

 

 

 

ですので、それ以下の、例えばファイルサイズを小さくしたい、

あるいはアップロードを早くしたい、ということで、

360Pの1000kbpsでエンコードしたとします。

 

 

 

それでも6000kbpsに変換されるので、

さらに画像が粗くなってしまいます。

 

 

 

いろいろ試した結果、結論として、

5000~6000kbps程度が最適なのではないかと思います。

 

 

 

そうすれば、視聴者がハイビジョンを選択しても

遜色ない画質で再生されます。

 

 

 

気になるファイルサイズは、5000kbps、15分の動画で

500MB程度です。

 

 

 

アップロードはあなたのネット環境次第ですが、

5~15分程度でアップロードできると思います。

 

 

 

このあたりを目安に動画を制作してみてください。

 

 

 

 

 

YouTube動画を徹底活用し、小さな会社が売上を伸ばす方法を公開しています。

YouTube動画で小さな会社が日本一になるノウハウを無料でゲット!

 

 

 

21 / 30« 先頭...10...1920212223...30...最後 »
 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー
 

ページの先頭へ