動画をサイトで公開する際に押さえておくべき4つのポイント

 

「あなたがビジネスをしているならば、

動画を活用した方が良いですよ。」

 

 

ということは、口を酸っぱくして伝えているのですが、

あまりピンと来ていない方や、

実際に行動できていない方がいらっしゃるので、

ここで、動画を活用すべき根拠を1つ、

お伝えしておきたいと思います。

 

 

その根拠とは、米国で動画ソリューションを提供する

Liveclickerが2015年1月に発表したレポート、

Video Commerce Report」です。

 

 

このレポートで、以下の調査結果が報告されています。

 

1.動画を置いているサイトでの平均注文額が50%UP

 

 

同レポートによると、

「商品ページに掲載された動画を視聴したユーザーは、

そうでないユーザーに比べて、平均注文額が50%以上高かった」

と、57%の小売業者が回答しています。

残りの43%も

「動画の視聴がマイナスに働くことはなかった」としています。

 

 

ということは、仮に数字自体の信ぴょう性が薄かったとしても、

あなたのサイトに動画を載せておくことが、

プラスにはなるが、マイナスになることはない。

ということがわかりますね。

 

 

2.動画視聴回数が多いユーザーほど平均注文額が119%UP

 

 

こちらは、動画の視聴回数と平均注文額の関係を表した

グラフです。

 

 

 

同レポートによると、10件以上の動画を視聴したユーザーの

平均注文額は、約349ドル

1件しか動画を資料しなかったユーザーの約159ドルよりも

119%も多くなったと報告しています。

 

 

 

これらの調査報告を受けてか?どうかわかりませんが、

通販ショップのベルメゾンがサイト内に動画で商品を

紹介するページを設置しています。

⇒ ベルメゾン(BELLE MAIZON)

 

 

YouTubeに専用チャンネルを作って、

まとめてアップロードしておく方法もありますが、

 

 

やはり、ベルメゾンさんのように、

自社サイト内に多数の動画を配置し、

あたかもウィンドウショッピングをしているような

雰囲気を作ることが重要です。

 

 

 

あなたが販売する商品を欲しいと思うお客様は、

より詳しい情報を求めています。

 

 

お客様へかゆいところへ届く、

情報提供を目指すなら、動画は避けて通れません。

 

 

上記の調査結果を鑑みて、

サイトにおける動画戦略を考察してみると、

以下の4つのポイント大切になってきます。

 

 

1.自社サイトに動画ギャラリー専用ページを作る

2.動画ギャラリーや商品ページには

  出来るだけ多くの動画を掲載する

3.お客様の知りたい情報にフォーカスしてコンテンツを作る

4.動画は常に最新のものにする

 

 

あなたも動画マーケティングをうまく活用して、

今まで以上に売上を劇的にアップさせてみませんか?

 

 

 


 

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー

ご相談ください

個別相談始めました。
相談は無料!
回答率100%!
必ずお返事いたします。
(営業メールは対象外)

お問い合わせ


ご相談はこちらから

メディア関係の方
セミナー企画の方へ

講演・出演・取材問い合わせ

サイト内検索

タグ

リンク集

ページの先頭へ