iPhoneでiMovieが無料でダウンロード出来ず600円と表示される場合の対応方法

imovie_icon

 

 

iPhoneで動画を撮った後、編集に書かせない高性能アプリ「iMovie」。

 

 

 

私も動画研修でスマホを使う場合、iPhoneとiMovieを使って、

受講者の方にワークショップを提供しています。

 

 

 

iMovieは高性能であることももちろんですが、

無料で使えるアプリなので、大変便利なアプリです。

 

 

 

しかし最近、そのiMovieに異変が起きています。

 

 

 

私は動画研修の前に受講者の方へ

「iMovieをダウンロードしておいてください。」

とお願いしているのですが、

 

 

 

その際にアップルストア(App Store)でiMovieを検索すると

無料ではなく600円と表示されるようです。

(私も確認しました)

 

 

 

さすがに600円となると、受講者もダウンロードをためらってしまいます。

おかげで動画研修に支障が出ております・・・

(アップルさん、何とかしてください・・・)

 

 

 

以前は、古いiPhoneをお使いの場合、iMovieが有料になる、ということはありました。

しかし、アップル公式サイトで以下の条件以降は、

無料であることが明記されていて実際には無料でダウンロード出来ていました。

 

iPhoto、iMovie、Keynote、Pages、Numbersは、2013年9月1日以降にアクティベートされた、条件を満たすiOS 7対応デバイスを対象に、App Storeで無料でダウンロードできます。

 

 

 

にもかかわらず、最近は600円の表示が出るのです。

これには正直困りました。

 

 

 

しかし最近ようやくiPhoneでiMovieが無料でダウンロード出来ず

600円と表示される場合の対応方法がわかってきました。

以下の通りまとめておきますので、参考にしてみてください。

 

 

 

1.iOSをアクティベートする際にAppダウンロード画面が出るのでそこでダウンロードしておく

(新規購入や再インストール時)

 

2.「設定」>「iTunes&App Store」>Apple IDをクリック、して

  一旦、サインアウト>再ログインしてもう一度App Storeに行ってみる

 

3.App Storeの下の方にある「Apple App」からiMovieを探す

  

 

⇒表示が「600円」ではなく、「入手」なら無料でダウンロードが出来ます。

 

 

 

なお、上記の手順を踏む場合に、

 

・AppIDのクレジットカード情報を事前に削除して、ダウンロードしてみる

 

・アップルのサポートへ連絡してDLコードをもらうか確認してもらいながらDLする

 

という手順を入れると、課金されるリスクが減少します。

 

 

※実際に試される場合は自己責任でお願いします。

 

 

それにしても、何だか不可解な事態になっています。

アップル社も本件につき、何の対応もしていないようですし。。。

早く、改善されることを切に望みます。

 

 

 


 

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー

ご相談ください

個別相談始めました。
相談は無料!
回答率100%!
必ずお返事いたします。
(営業メールは対象外)

お問い合わせ


ご相談はこちらから

メディア関係の方
セミナー企画の方へ

講演・出演・取材問い合わせ

サイト内検索

タグ

リンク集

ページの先頭へ