Androidスマホで動画編集する時のおすすめアプリはこれ。

スマホで動画編集するためのアプリとして、
絶対的地位を確立しているのが、
「iMovie」です。

 

imovie_icon

 

imovie

 

 

しかし、残念なことにこの「iMovie」、
Apple社のiPhoneしか対応していません
(Apple社のアプリなので、当たり前ですが・・・)

 

でも、日本には約半数のAndroidスマホをお持ちの
ユーザーがいます。

 

私も「スマホで動画!」的なセミナーを開催する時、
普通に考えれば、参加希望の方の中には、半数の
Androidスマホユーザーがいることになります。

 

ですので、Androidスマホユーザーにも、
使い勝手の良いアプリをご紹介したいと
常々考えているのですが、
なかなか「iMovie」レベルの動画編集アプリが
出てきません

 

そんな中で唯一、おすすめ出来るアプリと言えば、
「KineMaster」です。

kinemaster1

kinemaster2

 

 

アプリ操作のやさしさや、
動画を滑らかに扱える、という点で
今、最も「iMovie」に近い存在ではないでしょうか。

 

さらに嬉しいことに、今年9月のバージョンアップで、
ピクチャーインピクチャー(PIP)機能が追加されました。

 

ピクチャーインピクチャー(PIP)とは、
画面の中にもう一つ画面を追加する機能です。

 

よくテレビで「ワイプ」と言われたりする手法で、
芸能人の顔が画面の隅に
ちょこっと出たりすることがありますよね!?
このPIPは動画をプロっぽく魅せるためには必須の要件です。

 

ピクチャーインピクチャー(PIP)について
詳しくは以下の動画でどうぞ。

 

口でとやかく説明するよりは、
まずはダウンロードして、
適当な動画と静止画をそれぞれ5枚くらい撮って、
実際に編集してみてもらった方が良いかもしれませんね。

 

なお、最初は無償版もあるのですが、
残念なことに、編集した動画を保存する時に、
KineMasterのロゴが入ってしまいます

 

ただ、有償版にアップグレードすると、
ロゴが入りませんので、

 

無償版でまずは練習し、
そこそこの動画を作れるようになってから、
有償版に切り替えるなど、
臨機応変に利用してみてください。

 

 

 


 

メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

 

限定無料メルマガ公開中

最近の投稿
カテゴリー

ご相談ください

個別相談始めました。
相談は無料!
回答率100%!
必ずお返事いたします。
(営業メールは対象外)

お問い合わせ


ご相談はこちらから

メディア関係の方
セミナー企画の方へ

講演・出演・取材問い合わせ

サイト内検索

タグ

リンク集

ページの先頭へ